暗記ではなく定着させる学習を行っている

中学受験では算数の問題も出題されます。

算数の問題は発展型のものなどもあるので、普通に勉強をしてもなかなか解くことはできません。

塾では発展型の問題に対応する学習方法を行います。

基本的に学校で教えてもらったことをさらに深く掘り下げて勉強を行っています。

塾では数学の勉強方法はただ覚えさせるのではなく、自分で考えるということに重点を置きます。

自分で考えることにより想定外の問題が出題されたときに対照する力を身につける事ができるからです。

そのため塾では答えをすぐに教えるのではなく、まず生徒に考えさせてから詳しく解説します。

個別指導塾などは生徒に合ったカリキュラムを作ることになるので、効率よく学習できる環境が整っています。

カリキュラムは生徒に苦手とする科目を克服することを目的とします。

算数の問題なども苦手な問題中心で作るので

中学受験に対応できるだけの能力を身につけられるのがメリットです。

個別指導塾でも生徒に考えさせるという行為を重視しています。

知識を定着させるために一度解いた問題や間違った問題などを詳しく解説しています。

またどうしてこういう解き方をするのか、論理的に説明するといった作業も塾では行っています。