基礎からハイレベルまで生徒のレベルに合わせた問題集を効果的に選びましょう。

中学受験の算数は入試ならではの発展した問題も多く、苦手意識を持つ生徒の多い科目です。

生徒それぞれのレベルや個性に合わせた問題集を選ぶことが大切でしょう。

算数は、基礎をしっかりと抑え正しい勉強法を実践することが重要な科目です。

公式を学ぶ際につまずきやすい生徒は多くいますが、基礎から見直すことで一気に理解が進むケースがあります。

基礎を見直す場合、図やイラストなどビジュアルに特化し、

やさしい言葉で解説をしている問題集を使用すると有効です。

基礎固めができたら、入試テクニックや発展問題を扱うハイレベルな問題集に移行しましょう。

レベルが上っても、丁寧な言葉で解説をしっかりと行っている問題集を選ぶことが重要です。

中学受験に使える算数の問題集は、豊富なラインナップから必要なものを選ぶことが可能です。

四則演算だけでなく、時計の読み方や速さ、割合など身近な生活に即した計算が出題されます。

計算力を高めたり苦手な部分を単元別に鍛える基礎固めを目的とした問題集の他、

公式の理解を深める問題集がおすすめです。

また、中学受験では思考力を問われる特殊算を使った文章題が出題されます。

解き方のコツや理解を確実に身に着けられるよう、反復して学べる問題集を選ぶと良いでしょう。

中学受験のための算数の問題集には、コンパクトサイズで持ち運びに便利なものもあります。

移動時間や空き時間にも使いやすいのでおすすめです。