塾の人気は作成した問題の質で決まる

中学入試に対応できる授業を行っている学習塾では問題作成が大きな課題です。

入試に効果的な問題でなければ役に立たず、受講生の学力も向上しません。

特に算数の問題については小学校で教わる範囲内の公式を使いつつ、

中学入試対策に有効な高いレベルを保つ必要があるのです。

過去の中学入試の出題データを基にするのが基本的な作成方法ですが、

そこに独自の工夫を凝らすのが他の塾とはひと味違う、

より実践的な問題に仕上げるための秘訣と言っても過言ではありません。

塾の先生として働いていた当時、

過去の入試問題に小学校の教科書で使われる問題を掛け合わせた物を作ったことがありました。

その結果、学校の勉強と同じくらいにリラックスしながら中学入試レベルの難問が解けたと、

受講生には好評だったのです。

入試対策を謳う塾はいかに実践的な問題の作成ができるかが受講生を増やす鍵です。

受講生の進学率が上がればその実績は塾への評価に繋がり、受講生の数も増えます。

そのためには問題作成に役立つ情報の取捨選択を怠ってはいけません。

私の場合は親戚の子供が中学入試を受けた時に使っていた参考書や小学生時代の教科書を譲り受け、

そこに記載されている様々な公式や応用問題を下敷きにした、塾独自の問題集を作成しました。

その問題集を受講生に配布し、算数への理解力の向上を図ったのです。

結果として多くの受講生が希望する進学先に合格し、塾の評判も良くなりました。