学校で習う内容だけではカバーできない

中学入試の算数は一般的な大人でも苦戦するような問題がよく出題されます。

小学校で習った内容だけでカバーすることは難しいので、専用の教材を使って指導することが重要となります。

大きく点数に影響を与える問題の1つが規則性を扱った問題です。

規則性を見抜き、効率的に答えを導き出さなければあっという間に時間切れとなります。

規則性の問題を指導する際には塾講師の工夫が特に重要です。

塾講師の中には様々な問題を解いた経験を持つ方も多いので、規則性にすぐに気づく可能性もあります。

しかし、それをいきなり生徒に伝えても教え方として有効とは言えません。

あくまで講師は生徒が規則性に気付くようにヒントを出すことが大切です。

情報を書き出させたり、細かい部分から予測させたりして、最終的に生徒が自分で気づくための手伝いをします。

答えを教えるのは簡単ですが、それでは力をつけることには繋がりません。

まずは簡単な問題から練習をしていき、徐々に難易度を上げることも有効です。

規則性の問題をいくつも練習することにより規則性に気づきやすくなり、

中学入試本番の時に円滑に解ける可能性が上がります。学校ごとの傾向に合わせることも非常に大切です。