受験に必要になることを教えるのが重要

中学受験の算数ではテクニックによることがどうしても多くなります。

テクニックを教えることは大事なのですが、

みんな同じようにテクニックを覚えることを考えるとアドバンテージにはなりにくいです。

テクニックを覚えた上で、本質を理解していると応用問題に対応できる力がつきます。

よくあるのは比例問題などに見せかけて他の方法で解く問題です。

算数の解き方は一つではありませんでの、考え方を変えれば解くスピードが早くなることも多いです。

ただ、そのような解き方ができるのは、本質を理解することが重要になります。

本質が見つかれば、答えを導き出す最短の方法を探すことができるのです。

本質を理解してもらうコツは見方を変える方法を教えることです。

例えば面積を求める問題だとします。

面積の答えを教えて、解答方法を考えさせると色々な考え方があることを理解できるのです。

答えを導きだす方法を早くするのはたくさんの解答方法を見つける訓練から始まります。

その後になぜそのような解答方法ができるのかという本質を考えさせます。

それができるようになると、中学受験で躓きやすい問題を解ける素養が身に付くでしょう。

色々な方法があることを覚えれば、受験で使える応用力になります。